【新商品のお知らせ】カップ オブ エクセレンス コロンビア #20 ユーカリプトス農園
11月15日(月)より中米のコーヒー生産大国コロンビアより、カップオブエクセレンス受賞のマイクロロットをお届けいたします。品種由来のシトラスフルーツやプラムの酸とブラウンシュガーのような優しい甘さを感じていただけるよう、焙煎はハイローストの中煎りで仕上げています。2年連続入賞の注目農園「ユーカリプトス農園」の上質なコーヒーをお楽しみください。

新商品一覧

カップ オブ エクセレンス コロンビア #20 ユーカリプトス農園 【AAグレード】

2年連続入賞の注目農園より届けられた上質なコーヒーをお楽しみ下さい。品種由来のシトリックな酸とブラウンシュガーのような優しい甘さを感じていただけます。
カップ オブ エクセレンス コロンビア #20 ユーカリプトス農園
内容量:100g 販売価格:1,620円(税込) 販売期間:2021年11月15日(月)~

ご購入はこちら


カップ オブ エクセレンスとは

対象となる国で毎年1回行われる品評会であり、NPO団体であるACE(Alliance for CoffeeExcellence Inc.) が主催しています。カップ オブ エクセレンスとは、最高品質のコーヒーにのみ与えられる栄誉ある称号で、生産国ごとに非常に厳しい審査会を経て、その年に生産された最高のコーヒーに対して与えられます。称号を授与されるコーヒーは、厳選された国内及び国際審査員であるカッパーによって選ばれます。その審査は非常に厳しく、審査会の過程の中で最低5回のカッピングが行われ、継続的に高得点を獲得したコーヒーのみが、審査会の次の段階へと進み、カッピングシートにて87点以上の得点を獲得した一握りのコーヒーだけが栄誉あるCup of Excellenceの称号を授与されるのです。その後、審査結果と共に各国にサンプルが送付された後、インターネットオークションを通して最高値の応札者に販売される仕組みです。

2021年度の参加国は次の通りです。コロンビア/ ニカラグア/ エチオピア/ メキシコ/ グァテマラ/コスタリカ/ホンジュラス/エルサルバドル/エクアドル(初)/インドネシア(初)/ペルー/ブラジル ※参加国は、生産国の国内情勢などの影響により変遷があります。

ユーカリプトス農園について

農園主のEdinson 氏は15年間のコーヒー栽培の経験があり、農学と経営学にも精通しています。2020年のCOE でもCaturra 種のウォッシュト製法で13 位に入賞しており、今年の連続入賞によってコーヒー生産者としての実力を確かなものとしました。農園ではCaturra 種の他に、ゲイシャ種やBourbon 種が栽培されていますが、今ロットも昨年に引き続き、カトゥーラ種での「カップ オブ エクセレンス」入賞となりました。農園名の「LosEucaliptos」とは、スペイン語で植物のユーカリをさします。2020 年は「Los Cachingos」というマメ科の植物を農園名につけて出品していました。複数の農園での実験的な栽培方法は彼の探求心を表しています。素晴らしい豆の個性とフレーバーを味わってください。